Search
  • Marcus Kosins

US May Tie Social Media to Visa Application

Updated: Apr 3, 2018

The Trump administration has said it wants to start collecting the social media history of nearly everyone seeking a visa to enter the US. トランプ政権は米国に入国するためのビザを求めるほとんど全ての人からソーシャルメディアの履歴情報を収集するとの意向を示しました。 The proposal, which comes from the state department, would require most visa applicants to give details of their Facebook and Twitter accounts. この提案は国務省からされたもので,ほとんどのビザ申請者はFacebookとTwitterのアカウントに関する詳細情報を提出することが必要になります。 They would have to disclose all social media identities used in the past five years. 申請者は過去5年間のソーシャルメディアのID情報を全て開示しなければならなくなるでしょう。 About 14.7 million people a year would be affected by the proposals. この提案により年間約1470万人が影響を受けるものとみられます。 The information would be used to identify and vet those seeking both immigrant and non-immigrant visas. 収集された情報は移民ビザと非移民ビザの申請者両方の個人の特定と審査に利用される予定です。 Applicants would also be asked for five years of their telephone numbers, email addresses and travel history. また申請者は過去5年間に使用した電話番号とメールアドレス,海外渡航歴に関する情報についても提供を求められる予定です。


http://www.bbc.com/news/world-us-canada-43601557

0 views

Copyright Marcus Kosins Jr 2017, All rights reserved

  • Facebook Social Icon
  • LinkedIn Social Icon