• Facebook Social Icon
  • LinkedIn Social Icon

Copyright Marcus Kosins Jr 2017, All rights reserved

Mr Marcus Kosins LLB

マーカス カズンズは、1986年に米国で弁護士の資格を取得して以来、非米国人クライアントのための法律業務を行ってきました。米国では10年間弁護士 として働き、その後1996年には、法律学校時代研修に訪れた日本に戻り、カズンズ外国法事務弁護士事務所を開業しました。1997年には日本法務省より、日本での事務弁護士業務に携わる資格を取得し、優秀なスタッフの支援を得て、カズンズ外国法事務弁護士事務所の運営を行ってきました。カズンズは、 国際ビジネスに関する法律アドバイスを提供すると共に、過去20年近く、米国での就労ビザ及び移民ビザについて、企業や個人へのアドバイスを提供し てきました。

カズンズは1983年にシアトル大学法律学校を卒業し、仕事で世界各地を旅すると同時に、日本、ハワイ及びインディアナ州で弁護士業務を行ってきま した。米国移民弁護士協会("AILA”)の長年の会員であり、東京のテンプル大学法律学校では、数回法律関係の講演を行い、また定期的に法律関係の コースの教鞭を取っております。在日米国商工会議所("ACCJ”)の会員としても活躍しており、過去にはACCJの法律サービス・セクションの委員長も 努めました。 カズンズは、日本人の妻と3人の子供たちと共に日本に居住し、業務を行って おります。趣味はゴルフと切手収集で、セント・パトリック・カトリック 教会のメンバーです

Marcus Kosins Jr. has been representing foreign clients as a lawyer since becoming licensed in the U.S. in 1986. He practiced in the US for 10 years before returning to Japan in 1996. After obtaining his Japanese license from the Ministry of Justice in 1997, he founded Kosins Attorney at Foreign Law Office. For over 23 years, Mr. Kosins Jr. has advised businesses and individuals on US work and immigrant visas, as well as international commercial legal matters.

Mr. Kosins graduated from Seattle University Law School in 1983, and has practiced law in Japan, Hawaii and Indiana, while traveling extensively. He is a long-time member of the American Immigration Lawyers Association (AILA), has spoken on numerous occasions on legal topics, and regularly teaches legal courses, including immigration law at Temple University Law School in Tokyo. He is an active member of the American Chamber of Commerce of Japan (ACCJ), and past Chair of the Legal Services Section of the ACCJ.

Mr. Kosins lives and works in Japan with his wife. He enjoys playing golf and collecting stamps, and attends the Franciscan Chapel in Roppongi. 

弁護士